« 餘部橋梁 | トップページ | 菓子工房みわ あおに 五月台4丁目 »

2007年1月28日 (日)

迷子、そして迷子、さらに・・・

今日は6時頃起きとったのに、また寝てもて気がついたら11時でした・・・

しかし、このまま家で過ごすなんていう「ぐうたら生活」はできへんので、出かける準備をして、MTBで出発!

今日は、以前から行こうと思とった「JR福知山線の廃線」が目的地。

まずは阪急沿いに宝塚を目指しました。

ところが、中山の前を通るときに、つい魔が差して山の中へ・・・

ほとんど初中山なので、とりあえず道なりにどんどん突き進んでいきました。

しかし、あとで地図で確認すると「夫婦岩」の方に行かなあかんのに、なんかちゃう道を進んどったらしく、沢越えしまくりの、担ぎ押しまくりのヘトヘトコースに迷い込んでしまいました。

20070128_4

「いずれ、ええ感じになるやろ。」と思いつつ、どんどん進みましたが、あまり変化も無く、体力をどんどん消耗していくばかり。

しばらく頑張りましたが、「このままでは、本来の目的の廃線に行けんようになる!」と思い、仕方なく引き返しました。

帰りは結構乗れて、それなりに楽しめました。

かなり体力を消耗しましたが、そのまま宝塚へ。

また迷たらかなんので、NOMさんに電話して、道を確認。

しかし、しっかり迷いました。

なんか、三田へ向かう道を登っていってみたり、住宅街のきつい坂を登ったりして、また無駄に体力を消耗。

住宅街を走って、坂を下り、行き止まりになったとこにある人しか通れない橋を渡ってみると、目の前に廃線がありました。

世の中、なんとかなるもんですね。

とりあえず、廃線をのんびり走っていきました。

しばらく行くと、噂のトンネルがありました。

20070128_7

トンネルは灯りも無く、「暗い」ではなく、「黒っ」って思いました。

中に入ると、ライトを付けんと何も見えず、耳を澄ませば水の流れる音が聞こえるのみ。

1人でいると、心細いことこの上無い感じでした。

1人で行くもんや無いですね、ここは。

とにかく進むしかないので、渓流を眺めたり、

20070128_12

鉄橋を渡ったり、

20070128_13

それなりに変化に富んだ道を

20070128_15

いくつかのトンネルを越えて

20070128_16

なんとか武田尾に到着しました。

チョロチョロしてみましたが、そんなたいしたものもないので、猿を発見したので写真を撮り、帰路につきました。

20070128_20

同じ道(廃線)を通って帰るのもおもろないので、ちょっと遠回りになるけど舗装路を通って帰りました。

途中、なんかトンビやカラスが集まっとるなぁ・・・と思たら、イノシシの死骸がありました。

今度は迷わずに、なんとか宝塚にたどり着きました。

せっかく出かけて、ケーキを買わずに帰るなんて・・・ってわけで、中山五月台にある「菓子工房みわ あおに 五月台4丁目」に寄ることにしました。

しかし、これがまた失敗の元。

中山駅の上の方っていうことなので、どんどん登っていったのですが、これがひたすら坂が続いとるんです。

しかも、道を間違えて桜台の方に行ってしまうしで、また迷いました・・・

凄い眺めはええとこなんです。

Stitched_001

けど、この眺めのために、毎日この坂を登るなんて、私には無理です。

ほとんど山の頂上まで登って、坂を下り、なんとか五月台に到着。

お店に行ってケーキを買い、家路につきました。

下りなので、ケーキを持っとるのに50km/hオーバーで疾走。

晩ご飯を作る気力も無いので、ケンタッキーでチキンを買うて帰宅。

本日の最大の失敗は、兵庫県の地図を忘れて、

489577831201_ss500_sclzzzzzzz_v56949918_

を持って行ったことですね。

あとで地図を確認したら、武田尾の方から五月台へ抜けれたのに・・・

本日の走行距離:62km

「大阪食い倒れポタ」or「大阪食べ歩き」参加者も募集中!

|

« 餘部橋梁 | トップページ | 菓子工房みわ あおに 五月台4丁目 »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

本日のオチ
バッチリ!!
吹き出してしまったプププッ (*^m^)o==3

投稿: maruyome | 2007年1月28日 (日) 21時48分

この道、通ったことがありますよ! 歩きだけど…
武田尾に牡丹鍋を食いに行ったときに腹ごなしがてら歩きました。懐中電灯が無いと怖くて歩けなかったですね。

武田尾はひなびた温泉街で宿はボロやったけど鍋は美味しかったですよ。値段も手ごろだし意外と穴場なのかも知れませんね。

投稿: ina | 2007年1月28日 (日) 21時57分

すごい一日やったねぇ。
地図見なあかんねぇ。
しかしすごい馬力やね。
やっぱりパワーがあるわ。
でも充実の一日やったねぇ。
廃線跡は自転車が走れるやね。
ガタガタの砂利道で歩くしかあかんのかと思ってました。
お疲れさんでした。
でもこの本を持ってるのが・・・おもしろい!

投稿: maruchan | 2007年1月28日 (日) 21時58分

あはは。
めっちゃ笑ってしまいました。
神戸のおいしいケーキ屋さんって^^;

しかし、あのトンネルをたった一人で通り抜けるとは!
私はお金貰ってもやだ〜〜〜〜!!!
怖いもの。
そう、まさに「黒!」って感じで。

紅葉シーズンは、ハイキングな感じで、
人もいっぱい通るんですけどね^^

投稿: mercy-mercy-me | 2007年1月28日 (日) 22時27分

私ださんから電話を貰った時、私は南港でキラキラ光るを海を目細めながら眺めながら撮影会してました(笑

トンネルの前からかなり大変だったみたいですね。夫婦岩に行く予定だったんすね^^

私も始めて行った時は一人でした。
しかも懐中電灯じゃなくて携帯の灯りだったので
怖さは倍増でしたよ。
ほんま独りでは行くもんじゃないですね;;

投稿: NOM | 2007年1月28日 (日) 22時32分

自転車&カヤック漕ぎのKenことフクヤマです。
餘部鉄橋辺りは毎年カヤックで何度か香住から海岸線で行くお気に入りのところです。 去年秋に行ったときにも観光客が別れを惜しんで沢山来られていました。 情緒があるところですね。自転車ではあの辺りは若干アップダウンがあるのでロードがお勧めですよ。
武田尾の廃線跡 お一人で行ったんですね。恐ろしい~。トンネルは強力なライト持って行っても本当に真っ暗で気持ち悪いところです。 霊感の強い小生には気持ち悪くて... 武田尾側の最後のトンネル抜けたところに トンネル工事の死者数なんかが記載されており やっぱり。。と思ったくらいです。

投稿: Ken | 2007年1月28日 (日) 22時33分

しかし、よく初めてで山はいりますね。
一歩間違えば死ぬかもしれないですよ。
気をつけてくださいね。
山は恐いよ。

投稿: ozunu13 | 2007年1月28日 (日) 22時34分

私がいろんな方のブログを覗いとる1時間ぐらいの間に、11件のコメントラッシュがあって、びっくりしました。

>maruyomeさん

宝塚の方に行くから、ケーキ屋があるやろ思て、ケーキのことしか考えてなかったんです・・・


>inaさん

私は自転車用のライトを付けて走りました。
路面がわからないと危ないですからね。
1人で鍋も無いんで、何も食べずに帰りましたが、牡丹鍋もええですねぇ。


>maruchanさん

なんか無駄に苦労した気がしますわ。
自転車で走れるけど、結構パワーがいるし、帰りのことも考えたら、歩きの方がええ思いますよ。
本持って行ったんですが、宝塚のお店が載ってなかったので、あんまり使えませんでした。


>mercyさん

「京都のおいしいケーキ屋さん」も持ってますよ。
トンネル、行ってちょっと後悔しましたが、せっかく行ったんで、一気に行きました。
ハイキングの方もいましたが、夕方やったし、人は少なかったですね。


>NOMさん

ほへ~南港やったんですか。
ようわからんのですけど、地図を見ると夫婦岩の方に行った方が良かったみたいです。
しかし、トンネルは慣れてきたら見えるかと思いましたが、全然見えん暗さですねぇ。


>Kenさん

餘部の方は、雪が降ってそうなので、自転車を持って行くかどうか考えています。
雪が積もってないなら、自転車で行ってみたいんですけどねぇ。
トンネルは、なんかいますね。
けど、昔から慣れているので、「ちゃい!」って感じで問題無しでした。


>ozunuさん

初めてやし、廃線も控えていたので、無理せず、ゆっくり走ってきました。
けど、あそこは岩場が多いので、こけたら痛そうでした。

投稿: 私だ | 2007年1月28日 (日) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125265/13694497

この記事へのトラックバック一覧です: 迷子、そして迷子、さらに・・・:

« 餘部橋梁 | トップページ | 菓子工房みわ あおに 五月台4丁目 »