« 津乃峰 | トップページ | 九州に行きたいなぁ・・・ »

2008年1月 4日 (金)

子連れ狼

毎年正月には実家に帰っているんですが、そのたびに思う事。

ひま・・・

昼間は自転車に乗ったり、友達と遊んだりしていますが、夜になるとホンマ暇です。

そんなわけで、毎回実家に帰るたびに、昔買うた漫画の本を読破しています。

で、今回読んだのが「子連れ狼」

Dscn0795_2

1巻から28巻まで毎日少しずつ読んで、今日読み終えました。

「子連れ狼」は、海外でも「Lone Wolf and Cub」って名前で発売されて、「キル・ビル」等の映画にも影響を与えた作品。

萬屋錦之介が主演していた時代劇で皆さんご存じかと思いますが、元公儀介錯人 拝一刀と、一子 大五郎が、柳生に復讐せんがため刺客としての旅をする物語。

しかし、諸国を渡り歩いていた頃の話は知っていると思いますが、江戸に戻ってからの話はあまり知らないかと思います。

江戸に戻ってからの話が凄まじく、あれは時代劇ではなかなか表現できひんやろなぁ・・・と思います。

(内容にふれてしまうと、読む楽しみが無くなると思うのでふれませんが・・・)

とにかく、壮絶な展開です。

子連れ狼は、話がおもしろいだけでなく、読んでいて「人としての生き方」等、いろいろ考えさせられるものがあります。

みなさんも、もしどこかで見かけたら、手にとって読んでみて下さい。

たぶん、はまりますよ。

今日のええ小径車:

無し(徳島でええ小径車を見た事無い)

Banner_02ブログランキング参加中!
ここをクリックすると、凄まじい生き方の人が見つかるかも。

|

« 津乃峰 | トップページ | 九州に行きたいなぁ・・・ »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125265/17579576

この記事へのトラックバック一覧です: 子連れ狼:

« 津乃峰 | トップページ | 九州に行きたいなぁ・・・ »